商品検索 商品カテゴリー おすすめ商品









  
チノンゴ村

1,950円(税込2,106円)

購入数
種 類
挽き方
›› オプションの価格詳細はコチラ


★注文後焙煎

■味わい
香り ★★★☆☆
甘味 ★★★☆☆
酸味 ★★☆☆☆
苦味 ★★★☆☆
コク ★★★★☆

アフリカの高原で育った力強い味わいのワイルド系
個性的だけど、意外と後味はあっさり♪
なんと、あの憧れの最高級品種ゲイシャがブレンドされてるよ!

■1杯当たりの価格
およそ88円(200g入の場合で、標準的な1杯あたり9gで計算)


■生豆情報
認 証:フェアトレード認証、4C認証
原産国:マラウイ
標 高:1700〜2000m
生産者:ミスク農協に所属するチノンゴ村の小農家
品 種:ゲイシャ、S アガロ、ニカ(カチモール)、ムンドノーボ

●フェアトレード・ラベル ・ジャパン認証HP<フェアトレードとは>
対話、透明性、敬意を基盤とし、より公平な条件下で国際貿易を行うことを目指す貿易パートナーシップです。生産者が生活と生産を維持できる十分な価格で取引をおこなうことで、立場の弱い人々の自立を支援していく取り組みです。
適正価格の保証により、生産者は安定した生活を送り、環境に無理な負荷を掛けることなく良質な作物づくりに励むことができます。


●4C認証
<4C Associationとは>
正式名称「Common Code for the Coffee Community」
コーヒー生産農家が、持続可能な生産活動のための重要なファーストステップの基準に適合するよう支援しています。


3,000名の組合員を擁するムズズコーヒープランターズ協同組合は、6つの地域組合によって構成されています。(1)ミスク、(2)ポカ・ヒル ズ、(3)ビフィヤ・ヒルズ、(4)カタベイ・ハイランズ、(5)サウスイースト・ムジンバ、(6)チシ・イースト。
北部マラウィの中心地ムズズ市から 320キロ離れ、マラウィとタンザニアの国境としているソングェ川にほど近い場所にあるミスク農協は、ムズズコーヒー組合の50%強の生産量を誇り、標高 1,700−2,000メートルで栽培されているコーヒーです。2009年にフェアトレード認証、2011年に4C認証を取得。現在オーガニック認証取得 を目指しています。

国土は九州と北海道を合わせた面積程度で、北部州、中部州、南部州の3つに分かれている。コーヒーは全土にわたって栽培されている。熱帯性気候だが高地は比較的涼しいためコーヒー栽培に適している。

エチオピア原種だとされているゲイシャ種が最近注目を集めています。

  この商品について問い合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける

RSSATOM